眉のアートメイク

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

汗をかく女性眉は顔の印象の8割を決めると言われるほど重要なパーツです。プールや旅行先で困る人や、毎日のメイクで描き方に悩む人もいるでしょう。その悩みを解消するために眉のアートメイクがおすすめです。

眉へのアートメイクは地の眉毛の薄さをカバーするため、素顔でも常に自然な眉が可能です。表皮層に色素を入れるため洗っても色落ちしないので、温泉やプールなど人前でも表情が貧相にならずにメイク時とのギャップが少なくなります。

骨格や流行、年齢によって変わる眉メイクを自分で描くと、黄金比や色の濃さなどを考えるので時間がかかり神経も使います。アートメイクをすると基本的にメイクの必要はありません。眉メイクをしても軽くアイブロウで整える程度で良いので、メイク時間が短縮できます。汗などで消える心配もないのでメイク直しのストレスも減るでしょう。

基本的にアートメイクは施術したら数年は同じ色や形の眉になります。色や形も豊富なので、仕上がりに後悔しないためには事前に事前のカウンセリングを受ける事が大切です。自然な眉になる様に数回に分けて色を定着させるほか、自然な毛の流れを再現できる技術を採用している医療機関もあります。

眉のアートメイクは顔の印象のキープやメイク時間の短縮に有効です。施術して数日はメイクや洗顔が制限される場合もあるので、事前に計画をたてて受けましょう。

部位別のアートメイク

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

体の様々な部位に施術可能で濡れても落ちないアートメイク。特に人気なのは唇や目元へのアートメイクです。部位別にどの様なアートメイクが施されるのでしょう。

アートメイクは皮膚の一番上の表皮層に針で色素を入れます。約2~3年で薄くなりますが、途中で変色によるリタッチも可能です。完全に消すためには医療用レーザーで除去します。

唇へのアートメイクは輪郭や唇が薄い人、血色良く見せたい人や口角が左右不対象など、唇の形やバランス、色を整えるために利用されます。施術方法は大きく2通りあり、輪郭のみに色を入れる方法と、唇全体に色を入れるフルリップの方法です。口紅やグロスを使用しなくても立体的になり、健康的に若々しく見えるなどの効果もあります。

目元目元へのアートメイクは眉やアイラインが人気です。アイラインへのアートメイクは、涙や汗でアイラインが落ちて滲む事やメイク時にアイラインがぶれるなどの失敗がなく、常にはっきりした目元を演出できます。眉へのアートメイクは地の眉毛の薄さを補えます。そのため素顔でも眉があり、旅行先やプールで眉がなくなる心配が解消されます。眉メイクは薄くアイブロウをのせる程度か、何もしなくても大丈夫になります。

アートメイクは医療行為です。メリットやデメリットを理解して、信用できる医師などの有資格者に施術してもらいましょう。

便利なアートメイク

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日々の生活で「メイク時間を減らしたい」「毎回上手なメイクができない」と悩む人や、旅行先やプールで素顔になりたくない人も多いでしょう。特に眉は人の印象を決める大切なパーツで、眉の有無や描き方で表情が変わります。「落ちないメイク」とも言われるアートメイクは素顔に自信の無い人や、メイク時間を短縮したい人などに検討されています。

アートメイクは表皮層に針で染色するため洗顔などでは消えませんが、2~3年で薄くなります。途中で色素のリタッチも可能で、完全に消すには医療用レーザーが必要です。唇と目元への施術が特に人気です。

アートメイク

唇のアートメイクは形やバランス、色を整えて、メイクなしでも立体的や健康的に見せます。輪郭だけに色を入れる方法とフルリップという唇全体に色を入れる方法があります。目元はアイラインと眉が人気です。アイラインのアートメイクは、汗によるパンダ目やラインをひく時の失敗がなくなり、常に印象的な目元になります。

眉のアートメイクは地の眉毛の薄さを補って、メイクなしでも常に自然な眉を実現できます。そのため、素顔とメイク時における顔の印象の変化が少なくなります。洗顔で落ちないので、温泉など人前で素顔になる時のストレスが減るでしょう。眉メイクは基本的に不要になり、必要な時は軽くアイブロウをのせる程度で良いのでメイク時間が短縮できます。施術後数年は同じ色や形なので事前に自分の希望の色や形、仕上がりなどを相談しましょう。

アートメイクは医療行為なので医療機関で有資格者から施術を受ける必要があります。このサイトでは部位別のアートメイクと眉のアートメイクについて説明します。